働きながら大学院へ

働きながら大学院へ

働き始めてから数年たって、

海外へ行こうという気持ちが強くなり、

夜間の大学院へ通いました。

定時まで学校で勤務。

その後、大学院へ向かいました。

夜は100分講義が2コマ。

帰宅が22時過ぎ。それから夕食。

そんな生活が2年間続きました。

社会人院生は教員だけでなく、

会社員の方もいて

いろいろなお話を聴く中で

視野が広がってきました。 

2年目は修士論文を書くために

土日も使って文献を読んだり、

アンケート調査をしたりして、

国際教育について研究することができました。

多忙な2年間でしたが

仕事を効率的に行うことと

広い視野をもつことの大切さを学びました。 

関連記事

  1. 子どもの身体が前のめりになる算数授業~なりきり先生~【1】

  2. 話が長い子にどのような指導をするか【2】

  3. 話が長い子にどのような指導をするか【1】

  4. 子どもたちの目が輝くような授業をする

  5. まさか・・・大学受験で

  6. こどもたちを上手に褒められません【3】

  7. 前任校で授業公開

  8. 子どもの身体が前のめりになる算数授業~なりきり先生~【3】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

    ananで紹介されました!
  2. 願望実現

    願望を設定にしよう!
  3. 先生

    夏の研修 マレーシア・シンガポール
  4. その他

    TOEICで自信をつける!

アーカイブページ