イナガキさん〜パラリンピックを見ると思い出す

イナガキさん〜パラリンピックを見ると思い出す〜

小さい頃、製紙工場の敷地の中に家があったので、

工場で働いている人たちによく遊んでもらった記憶があります。

「イナガキさん」にもよくキャッチボールをしてもらいました。

イナガキさんには、左腕がなかったので、

右手でボールを捕って

右手でボールを投げていました。

小さい頃のぼくには、それが不思議でした。

「イナガキさん、なんで右手しかないの?」

と聞いてみました。

すると、イナガキさんは

「左手はね、機械にはさまれちゃったんだよ。

ときどきね、左手がかゆくなるときがあるんだけど、

かゆくてもかけなくてね。ハハハ・・・」

と笑って言いました。

小さいながらにも感じたことは・・・

「手がなくてもかゆくなるんだなあ~。

でも笑っててすごいなあ~

ぼくだったらないちゃうよなあ~」

なんか、いろんな感情がいっぺんにあがってきて…

そのあと、質問しない方がよかったのかなあと思いました。

でも、イナガキさんがいてくれて、

小さい時に遊んでくれたことで

ハンディキャップを持っている人を

特別視することがなくなったように思います。

教師になってから、

何回かハンディキャップを持っている子どもたちを担任しましたが、

そのときは必ず、イナガキさんが頭に浮かんできて。

ハンディキャップをもっているけど、

もってないというか、

すべての人は何らかのハンディキャップを持っているというか…

そういう見方ができるようになっていました。

イナガキさんにはとても感謝しています。

イナガキさんは、若くして亡くなってしまいましたが、

自分の心の中にはずっといます。

関連記事

  1. 新幹線で「プロ」デビュー

  2. 高校の体育祭

  3. 父のすごさ

  4. 一人実況中継

  5. 子どもは遊びの天才

  6. 自転車に乗るのが夢だった・・・

  7. 銀行のエスカレーター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

    クラウドファンディングに挑戦中【第一弾】
  2. お知らせ

    minaで紹介されました!
  3. お知らせ

    ananで紹介されました!
  4. 願望実現

    願望を設定にしよう!

アーカイブページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。