カラオケ英語セッション

カラオケ英語セッション

カラオケボックスへ

行ったときのことです。

ふだん

私の英語コーチをして下さっている先生に

洋楽の発音をチェックしていただくように

お願いしました。

ちょっと田舎にあるボックスで、

お客さんがだれもいませんでした。 

受付を済ませ、先生が到着したところで始めました。

3曲聴いていただいたのですが、

特に難しかったのが

「Bad day ~ Daniel Powter」

“sing a sad song”がどうしても

”sing a song”になり、

”sad”がぬけてしまい。。。

“just to turn it around”が歌いにくくて

どうしても”to”が言えなかったり…

何度も聞き直してみると、

だんだん発音がクリアに

聞こえてきます。

不思議だけど、

何回目かに

「あっ!聞こえた」
という瞬間があります。

コーチの方に

聴いてもらいながら

自分の歌が

どのように聞こえているのか

だんだん

分かってくると

発音もかわってきますね。

あと、

わかったことは

口が回らないときがあるということです。

英語に慣れていないので、

英語の筋肉が

ついていないのかな。

学びの多いセッションでした。

関連記事

  1. インプロ体験

  2. スイッチオンなりきり法【1】

  3. オンラインDEカラオケセッション

  4. 愛想笑いする自分

  5. 中国語

  6. 「琵琶湖の水、止めたろうか!」

  7. NLPパーティー

  8. 歌舞伎っておもしろい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

    クラウドファンディングに挑戦中【第一弾】
  2. お知らせ

    minaで紹介されました!
  3. お知らせ

    ananで紹介されました!
  4. 願望実現

    願望を設定にしよう!

アーカイブページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。