準備を捨てると緊張がなくなる?①

準備を捨てると緊張がなくなる?①

Ayaki:即興力

Miyuki:何の準備もしなくてもやれる!

A:今も準備してないもんね。(笑)

M:これ(対談)撮ってるんだけど、何の準備もしないで自分はやれるんだって思っている

わけだから、いきなりできる。それがないと、ドキドキしちゃうのね、何かをやる前に。

あっそうか、今からこれやるから、それにはちょっと準備しなきゃ、待っててって言って

こうこう準備しようってなるんだけど、自分の内側に、ちゃんとそういう風にやれるって

いうのがあるんだってわかっていると、いいよやれるよ、始めようって言ってすぐやれる

し、何とかなるんだよね。

そういうのは、準備をしないでやるっていうことがすごく大事。

準備をしないでやるっていうことで自信がついてくる。

M:へえ~。でも、撮ろうっていうとき、やる前はめっちゃ緊張してた。今は吹っ飛んだ。(笑)

A:100%何も緊張しないっていうことはないし、緊張もいいことだよね。

M:アドレナリン的な?(笑)

A:いいものを作ろうとか、そういう思いがあれば当然緊張するわけだからいいんだけど、

完璧主義の人に多いんだけど、100点を取らなきゃいけないとか、すごい努力をして

何かを発表するみたいな、そういうものを持っていると苦しくなってきちゃうんだよね。

仕事なんかでもそうだし。
Miyuki:でも、みんななんかあるよね。うちらってそうやって育てられてきたじゃん。

    学校とかもさ、テストとかさ、減点方式じゃないけどね…。

Ayaki:自分もそうだったから。

   それで自分の力をつけてきたっていうこともあるから、それはそれでいいんだけど、

   過剰になってしまうとおかしくなってしまうから。頑張ってきた人は、完璧主義であるとか、  

   百点取らなきゃいけないみたいな人だから、そのために、「はい、じゃあ今からこれやってみ

   よう。」って言ったときに、「えっ?」ってなるんじゃなくて、とにかくやってみて、70点

   くらいでも、ああよかった、楽しかったとか。

M:それは、即興は、一対一でやるの?

A:一対一でもできるし、グループでもできる。インプロっていう演劇のスタイルがあって、前にそ

  のステージを見に行ったことがあるんだけど、演じている人が7~8人いて、俳優さんがいて、

  お客さんに「お題ください。」って言って、「ニューヨーク」「スイカ」「何とか」ってふられ

  るわけ。それで「わかりました」って言って、そのお題を劇に入れるのね。そこで聞いただけだ

  から、その聞いたのを最初に出てきた人が、「ああここがニューヨークか・・・。」みたいな感

  じで、そのニューヨークの設定で入って、それに合わせて演じるのね。

M:ちょっと演じてやってみてよ。

A:二人でやるってことになるけど・・・。

M:やだやだ、恥ずかしい。

A:それで見ていて、何とかやっている。

M:おもしろそう。

A:そういうのを自分もやったんだけど、ワークショップとかで。

M:楽しかった?

関連記事

  1. 潜らないダイバー

  2. ありがた迷惑でもいい

  3. 「琵琶湖の水、止めたろうか!」

  4. ファッションモデル体験

  5. スイッチオンなりきり法【2】

  6. 「ねこちゃん、お飼いになったらいかがですか?」

  7. NLPパーティー

  8. フランス語がわからない!!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

    クラウドファンディングに挑戦中【第一弾】
  2. お知らせ

    minaで紹介されました!
  3. お知らせ

    ananで紹介されました!
  4. 願望実現

    願望を設定にしよう!

アーカイブページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。